単身パックダンボール大きさ

単身パックを選ぶときの注意点は?

単身パックで運べるダンボールの大きさはお勧め一括見積もりサービスはコチラ

 

単身パックといえば、一人暮らしの方を対象に作られた安い引越しプランのことです。
ただ、運べる荷物量が多くないので注意しなければなりません。

 

引越しをする際にはたくさんのダンボールが出るわけですが、
どれくらいの大きさのダンボール運ぶことができるのか疑問に思っている方もいるでしょう。

 

そこで、単身パックで運べるダンボールの大きさについてご紹介します。

 

単身パックではダンボールの大きさに注意

これはどの業者の単身パックを選択するかによっても違ってきます。

 

業者によっては単身パックという名前ではなく、
その他の名前でサービスが提供されていることもあるため確認しておくと良いですね。

 

例えば、日通の場合、コンテナサイズSの単身パックでは
日通ダンボールMサイズが4個、
Lサイズのコンテナであれば5個運ぶことができます。

 

ただ、これはその他に冷蔵庫、薄型テレビ、テレビ、電子レンジ、掃除機、カラーボックス、
姿見、布団などが荷物に含まれることも想定されているので、
人によってはさらにたくさんのダンボールを運ぶことも可能ですし、
逆にダンボールがほとんど運べないというケースもあるでしょう。

 

ちなみに、日通ダンボールMサイズとはどれくらいの大きさなのかというと、
これは517mm×343mm×343mmとなっています。

 

日通ではほかにSサイズのダンボールとして343mm×343mm×343mm
というサイズも用意しているので、
Mサイズはそれよりも大きいものとなるわけです。

 

どれくらいの大きさのダンボールならば運べるのかということを考えるよりも、
まずは自分の総合的な荷物量をチェックしてみましょう。

 

どの単身パックでも様々な荷物のほかにダンボールは3〜5個程度運ぶことを想定しているようですが、
一般的にワンルームの引越しだったとしてもダンボールは10箱前後近く出てしまうとされています。

 

1K〜1LDKの引越しで出るダンボールの量としては10個が最も平均とされているので、
根本的に単身パックでは運べる量は平均より少ないと思っておいた方が良いですね。

 

このことから、かなり荷物量が少ない人でなければ単身パックを選択するのは難しいともいえます。
では、荷物量が多い方はどのようにして単身パックを活用していけば良いのでしょうか。

 

単身パックで運べるダンボールの大きさはお勧め一括見積もりサービスはコチラ

 

ダンボールがたくさんあっても単身パックを利用するには?

一番おすすめの方法が、単身パックのコンテナボックスから
溢れてしまった荷物だけを自分で運ぶという方法です。
大きめのトラックなどを用意すれば、軽いものだけ自分で運ぶということも可能でしょう。

 

一人暮らしの場合、2ドア冷蔵庫を使っているという方が多いようですが、
冷蔵庫や洗濯機は小さいものであったとしてもかなりの重量です。
そのため、そういった個人で運ぶのが難しいものだけを単身パックで運び、
衣服などを入れたダンボールは自分で運ぶように心がけてみるのも良いですね。

 

他には単身パックを諦め、通常プランを選択するという手もあります。

特に一般的な一人暮らしの方に比べて荷物量が多いという場合には
単身パックは選択できないと思っておいた方が良いでしょう。

 

ベッドや自転車があると単身パックが利用できなくなる可能性が高いので、
それほど総合的な荷物量が多くなかったとしても
こういった荷物がある場合には注意が必要です。

 

また、エンジン付きの乗り物は運搬することができないため、
荷物に原付バイクが含まれる場合も単身パックを選択できなくなってしまいます。

 

引越しで使うダンボールの準備について

単身パックの利用を検討しているものの、
自分の場合はどれくらいダンボールが出てしまうのか想像できないという方もいるかもしれません。

 

そういった場合には実際に荷造りを始めた上で検討してみるのも良いでしょう。

 

引越しの際にはたくさんのダンボールが必要になるので、
詰める物の重さに合わせてサイズを変えるのがおすすめです。
例えば、本などは少量でもかなり重くなってしまうので、
大きいサイズのダンボールに入れてしまうと底が抜けてしまう可能性も出てきます。

 

こういったことも考え、小さいサイズのダンボールもいくつか用意しておくと良いですね。

 

運べるダンボールの大きさは業者によって違う

引越し料金は業者によって全く違うわけですが、
どれくらいの荷物が運べるかというのも業者によって大きな違いがあります。

 

できるだけ引越し料金を抑えるためには
たくさんの荷物を低料金で運べるところを選択したいですよね。
そのためには多くの業者を比較する必要があるわけですが、
比較の方法としては実際に見積もりを取ってみるのがわかりやすいでしょう。

 

一括見積もりサービスというものを利用すると無料で
たくさんの業者から仮見積もりを取ることができます。

 

どの業者が安いのか、サービスが良いのか、
単身パックはあるのかなどまとめて比較できるので、
引越し業者探しに悩んでいる方はぜひチェックしてみてください。

お金がかかることはないので、利用して損をすることはありません。

 

単身パックで運べるダンボールの大きさは お勧め一括見積もりランキング

引越し侍


お勧め その1 まずはここから

 

テレビCMなどでもお馴染みの引越し侍

絶対に外せない一括見積もりサイト

 

簡単に一括見積もりができて全国160社もの

提携企業の中から最安値を探せます。

 

引越し価格ガイド


お勧め その2 ここも抑えよう

 

見積もり比較で最大50%

安くなることもある引越し価格ガイド

 

引越し価格ガイドはキャンペー中の優良企業に出会えれば

驚くほど安い金額で引越しができることも

 

HOME’S 引越し


お勧め その3 ここも忘れずに

 

独自の割引サービスのある

HOME’S 引越し

 

3つのポイントを抑えるだけで最大50%オフになることも

全国130社の中からピッタリの業者がみつかるはず。